毛穴が目立つ原因のたるみを徹底的に排除しよう

唇メイクが人気

メイク道具

カラー選びのポイント

メイクは自己表現やコミュニケーションを円滑にさせるために欠かせない、女性特権のパフォーマンスと言われています。コスメのバリエーションも増え、色で、ラインで、艶感ではリップメイクも注目されています。特にコスメ選びでは、落ちにくさが大事で、数時間限りの色持ちに満足できない女性も増加傾向です。食事の後も美しい唇をキープできることで、塗り直す時間がない忙しい人にもおすすめできます。色落ちしにくい技術の一例には、密着カラーネット処方が挙げられます。伸縮性の高いネットワーク膜を形成し、ピタッと密着させることで、喋っても食べても色落ちしにくさが特徴です。立体感と艶は、水滴のように厚みのある膜をつくるオイル配合と、唇の中央に光を集めるパールにて作り出すことができます。リップコスメの多くは悩みレスを謳っており、特に皮脂腺の無い唇はカサカサと乾燥しやすく、縦じわなどのエイジングサインも現れるパーツです。リキッド状が最適で、この場合、仕上がりまで意識し、塗りやすさもポイントになります。上唇と口角、輪郭の描きやすさを追求した先細り形状のチップだったり、下唇全体を包み込むカーブ形状で一気にムラなく広げることもチップ選びからもできます。また、口紅やグロスなどのリップコスメのカラーバリエーションに悩む場合、何色が似合うのか、素肌からチェックするのも得策です。ほんのり血色のある肌にはピンク系が最適で、唇のトーンが暗いと感じる人は深みのあるローズ系ピンクで肌映りをアップさせられます。年齢とともに肌色が濃く変化した人は、薄づきでは顔色も悪く見えるので要注意で、発色のよいタイプを選ぶのが正解です。日本の女性の肌は黄みよりの肌であるため、ベージュやオレンジ系でしっかりとした発色のリップコスメを合わせると、生き生きとした表情を作り出せます。